綿矢りさ / 河出書房新社

蹴りたい背中
芥川賞受賞作品。
作者は17歳。超かわいい。萌え。

でも、それはそれ。作家本人と作品の出来は関係ありません。
ハッキリ言わせて頂きます。
面白かった!
やっぱ近頃は人間関係とか、コミュニケーション不全というテーマが時代の要請なんでしょうが、非常に良く考えられています。
押し付けがましくなく、自省を促すような優しい感じで、ちゃんと主張もあり。でも展開も面白くて、下品にならずに微かにエロチシズムを感じたり。

長編書いたりしないかな。
どんなものかは想像出来ませんが。