黄金の仔牛〜サトウナンキBlog

脊髄反射的自動筆記で妄想を綴る愛と感動の記録

カテゴリ: ・評論

目次

■はじめに
■戦争
■黒い扉
■ハウル
■心臓を奪う理由
■少年時代
■マダム・サリマン
■国王
■葉巻

※ 批評同人サークル思想脳労さんの評論本
『宮崎駿劇場作品解説本』に載せて頂いたものです。他に『千と千尋の神隠し』、『もののけ姫』についても書かせて頂きました。
続きを読む

『歌うてづるもづる』は、サークル「つくりもの」の三五千波さんが描かれた同人漫画作品です。
三五千波さんの作品は寓意的で多様な解釈を許容する構造を持っている為、
多様性の一例として、私の個人的で勝手な解釈を書いてみました。

目次
1.登場人物 2.儀式 3.物語 4.歴史 
5.1450年頃 グーテンベルグ活版印刷を発明 6.1485年 バラ戦争終わる

(以下、作成中)
7.1453年 東ローマ帝国オスマン=トルコによって滅亡 8.1956年 佳子先生(35)生まれる
9.1986年 男女雇用機会均等法施行 10.1989年 ベルリンの壁崩壊
11.1992年 バブル経済崩壊 12.1517年 マルチン・ルター95カ条の意見書
13.2050年 性別再判定 14.1929年 山本宣治暗殺
15.授業
続きを読む

↑このページのトップヘ