黄金の仔牛〜サトウナンキBlog

脊髄反射的自動筆記で妄想を綴る愛と感動の記録

カテゴリ: −話題:映画

アスファルトいよいよ一言しかつぶやいていない日。

ほぼ日手帳によれば、『カールじいさんの空飛ぶ家』に行ってます。

一瞬で理解できる状況説明や、シーンを次々と繋いで行く飽きさせないプロットがウマイなぁと思いました。

すごく面白かったです。続きを読む

観て来ました。
旧作を知っていることを最大限に活かした演出に感嘆しました。
もちろん旧作未経験の初めて観る観客にも面白いと思います。
これからどうなるんだろう?と全く新しいモノを観るワクワクと、懐かしい旧作をも同時に観ているような不思議な感覚。
新旧の作品同士が共鳴して意味を紡ぎ出して行くのがスバラシイです!

完全にモチベーション上がったので、仕事ははかどる予定ですよ?たぬき

スバラシイ!
非の打ち所なしの予想を大幅に上回る出来に大満足です。
まさにA New Translationで、TV版と同じだけど新しいという感じ。
共感しやすく、分かりやすく、サクサク進んで心地良い、もう一回観たい、続きも早く観たい、10月なんて待てません!!

心配されていた画面の出来も、私には全く問題ありませんでした。確かに、旧カット(TV版)と新カット(映画版追加分)の差はハッキリとあるんですが、入れ方が絶妙。
旧カットが多いところでも、一瞬挿入された新カットに引っ張られて脳が補正してくれます。これは旧カットが駄目だから新カットに替えたのではなく、如何に気持ちよく流れを作るかという意味の追加カットだと思います。
とにかく編集の巧さは驚異的で、絵だけでなく、セリフや展開の変更も、TV版に抱いていたイメージを壊したり後退させるものではありません。

ガンダムを知らない人や忘れている人は、ファーストガンダム三部作をちゃんと観てから劇場へ行きましょう!子供の頃しか観てない人にとって、大人になってから観るファーストは全然違うはずですし、Zはその文脈で観て欲しいです。

それと、本編が終わっても絶対に席を立たず、Gacktの歌を堪能しながらエンディングは最後まで観ましょうね。

※ここからはネタバレです。未見の方は読まないことを「強く」おススメします。
続きを読む

Web上で上がっている感想を幾つか読んだのですが、評判があまりよくないようです。私の観た感じでは良くできた映画だったので、不当に貶められているように感じました。感想は人それぞれなので別にいいのですが、私の感想も書いてみました。

ネタバレしてますので、内容を知りたくない方は読まないで下さい。

テッセラクト
続きを読む

ちょっと必要があって観ました。
ジョン・ウーってカッコイイ。

「バリバリ!カッコイイィィ!!」

…の、「バ」と「リ」の隙間から鼻毛が〜!って感じのカッコよさ。
ハルハラハル子様の言う通りでした。
監督の作品は『フェイス・オフ』好きです。

↑このページのトップヘ